首页 > 生活 > 医療

広州市花都区母子保健院(胡忠病院)病院の概要

  広州市花都区母子保健院(胡忠病院)は1991年に創立され、旅港先賢胡忠から率先的に寄付して、政府から資金を割当して設立された公立病院であり、保健、医療、教学、科学研究を一体に集め、出産科、婦人科、子供科、口腔、保健等専門科を特色とし、強い総合実力のある三級母子保健院になっている。1996年に成功的に「愛嬰病院」を創立した。2001年に広東省母子保健機構等級の評価に許可を受け、二級甲等母子保健院になっている。2016年に広州市衛星と計画生育委員会は当院が三級母子保健院であることを明確した。2005年に当院は「花都区重症子供救助センター」、2011年に「広東省普通高等学校教学病院」を創立して、2013年に「広東医科大学非直属付属病」になった。2015年1月に広東省衛星と計画生育委員会の許可を受け、「広州市花都区出産前診断センター」になった。2016年に広州市衛星と計画生育委員会の考査を受け、「広州市花都区出生欠陥総合干渉センター」を創立し、地域内出生欠陥重点疾病種類の出産前の無料診断業務を担当している。2016年に「花都区重症産婦救助センター」を創立し、当地域における唯一な母子重症救急「二重中心」救助病院になっている。2016年12月に国家衛星と計画生育委員会の評価許可を受け、花都区に唯一な補助生殖正式運営機構になった。広州市衛星と計画生育委員会及び花都区政府の許可の元、三級母子保健院に調整し、今現在三級病院の標準に基づき病院建設を行っている。
  
  病院は三つのエリアに分けられ、業務用室は6万平方米近くあり、確定病床数は630床、口腔手術用椅子は60台あり、花都区重症産婦と重症子供救助センター,花都区における唯一な出産前診断センター、花都区における唯一な人類補助生殖機構になっている。病院全体の従業員は1177人であり、この中に高級専門技術者は90人、中級専門技術者は182人、修士博士研究生は62人になっている。病院は螺旋CT機、DR影像システム、四次元カラー超音波ドップラ—診断器デジタル乳線x放射線機 、高解像度電子腹腔カメラ、高解像度電子宮腔カメラ、高週波小児呼吸器、全自動生化分析器、歯科総合治療器、口腔栽培機、無痛分娩自動呼吸器、等沢山な高端先進設備を持っている。病院は花都区の子供及び妊娠産婦の主要医療保健業務を担当しており、年間診断外来病人は延べ90万、入院病人は延べ2.7万人、年間分娩量は9000人あまり、年間栽培は1500歯以上になっており、広州市において前列に位置されている。