首页 > 生活 > 医療

広州市花都区人民病院の概要

  広州市花都区人民病院は1950年に創立し、2005年12月に南方医科大学付属花都病院として評定された。2010年に広州アジア大会定点病院として指定された。2012年2月に三級乙等病院として評定された。花都区内に唯一な総合性三級病院になっている。病院は新華路本院、宝華院区、田美院区等三つの院区として分けられている。
  
  病院は現有従業員の1826人、高級職名従業員の236名を有し、この中に修士研究生は300人あまり、博士は18人になっている。腎臓病泌尿専門科は広州市重点学科の中における僅か二つ地域級医療機構の一つであり、産科は広州市重症妊娠産婦救助センター、神経内科は広州北部地区における唯一な国家級卒中中心連盟機構、、呼吸内科等八つの学科は花都区における重点専科になっている。病院はな7つの高等大学の教学、実習タスクを受け継いだり、臨床研究生教育を展開したりして、入院医師規範化教育基地19か所があり、今現在受講中医生は168人になっている。
  
  病院は2016年に外来受診人数は延べ1556049人、救急診察は延べ155689人、退院は延べ42138人、手術は延べ20870人、病床使用率は98.04%、平均入院日数は8.25日、CD型病例率は61.98%になっている。
  
  「広州市医療衛生施設レーアウト計画(2011-2020年)」第29条に「花都区人民病院を引っ越し、花都区新中軸線に場所を選択し、病床数の840床を新規追加し、総病床数は1500床になる」のように、花都区政府よりサポートの下で、当面、当院は積極的に新院区の建設を準備し、新院区は花都区中軸線CBD核心区域に選定とし、敷地は220畝になっている。プロジェクトは総合病院三級甲等の標準に基づく建設し、設計建築面積は23万平方メートルで、当面既にプロジェクトの深化設計を完成し、年内に着工の予定である。プロジェクトの建設後、広州北部地区における区域医療センターになり、医療、救急、リハビリテーション、予防、保健、教学、科学研究を一体に集める現代化三級甲等総合病院になる見込みである。