クリーン金融の翼を広げ、花都の科技革新は前列に走っている

  

カットオーバー活動式

  本日花都新聞 5月19日、2018年花都区科技革新活動週、及び第七回中国革新創業大会(広東·広州地区)と第三回羊城「科技革新カップ」革新創業大会新材料業界試合カットオーバー式は国光電器株式有限会社2025PARK(国際双創コミュニティ)で開催されました。活動は地域科学普及の業務指導チーム、地域科技工業と情報化局より主催されました。広州市科技革新委員会副主任の詹徳村、広州市知的財産権局副巡査員の陳興益、地域委員会副書記・区長の葉志良、地域人大常委会副主任の李瓊輝、地域政協副主席の全泰源、地域内各科学普及会員企業の責任者、約30社の銀行、投資機構、証券商機構の主要責任者、及び各業界の代表者約500人はカットオーバー式に参加してきました。

  科学普及活動を大いに普及する

  「科技革新活動週」とは一年間1回の重要な群衆性科学普及活動である上で、科学普及業務の重要形式です。2018年に科技革新活動週のテーマとして、「発展の革新、美しい生活」とされています。中国革新創業大会は科技部、財政部、教育部及び中華全国工商業連合会より共同で指導・開催される「科技革新、大事業成就」をテーマとする全国性試合になっています。一層に政府と市場の資源を指導、集中して革新創業にサポートを与え、社会全体の革新創業熱情を激発して、革新創業水平の快速向上を目的としています。

  2018年度科技革新活動周との期間において、地域全体区範囲内に科学普及知識展覧、、科学普及テレビコラム、科学普及遊園、科技が農村への進入、科技文芸出演、農村実用技術教育、知的財産権維持講座、科技革新特別報告会を開催したり、科学普及・教育基地と科技が学校やコミュニティへ進入するなど一連活動を開放したり、一層に科学精神を発揚したりしています。今回の革新創業大会を開催したり、各種形式の革新創業大会の展開を指導したりして、当地区は全力を尽くして、「ダブル創出」のアップグレード版を作り上げたり、一層に革新創業環境を最適化したり、革新創業チェーンとサービス体系を改善したりして革新、創業、就業の有機結合と良性循環を実現して、大中小企業の融通発展、産学研協同革新、「研究・開発-制造-サービス」を一体化にする良好な革新生態を形成していきます。  

  全力を尽くして科技革新へサポートを与える

  会場で、葉志良、詹徳村は熱情の溢れた挨拶をして、協力企業代表しの国光電器株式有限会社の代表より発言して、出席された指導層は2018年花都区における「科学の言及、科学展示の普及」大会入賞者へ授賞し、革新創業大会新材料業界大会の20社以上の提携銀行、投資機構、券商機構へ授賞して、それから共同で二つの行事を起動しました。

  葉志良より、革新駆動は基本国策の一つとして、新時代中国発展の道路でますます顕在化されてくる戦略支持機能を働いています。当地域は国家クリーン金融改革革新の試験地、国家市場調達貿易方式の試行区、国家間電子商取引の総合試験地、国家航空経済の模範区等全国改革の先行区域であり、白雲空港国家級総合保税区、省級経済開発区と申告中の省級ハイテク開発区等革新創業担体を有しており、新時期に広州を代表して新規経済全世界競争と提携、及び対外開放する重要的なプラットフォームになっています。花都は国家と省市の一元化部署に基づき、革新駆動発展戦略の実施を深化し、科技革新の需要に密接して、より幅広い範囲、より高いレベル、より深い程度で科学普及と革新創業を持続的に推進していきます。国際空港・鉄道中枢、高等作業基地、休閑旅行緑港、幸せ、美しい花都を建設する全体目標にめぐって、全力を尽くして革新駆動戦略を実施し、広州市のモデルチェンジ発展、全国開放型経済局面の構築に重要な作用が働いていると言われている。

  詹徳村の話によると、花都は珠三角建設国家自主革新模範区、広州建設科技革新中枢都市の重要接点として、初期的に固い作業基礎、完備した政策措置、集中しやすい革新資源、適切な地域革レイアウトされた良好局面を形成している。近年来、花都区における各科技革新指標も全市前列に位置し、革新は地域全体の共同行動になってきた。科技革新は花都が前進していく道路を照らして、花都に未来を勝ち取るようにさせている。

  クリーン金融と科技作業の深度融合を推進していく

  近年来、当地域は緊密的に「クリーン金融改革革新試験田、クリーン金融とクリーン作業が調和発展している模範区、広東・香港・マカオ大湾区が提携発展の新規プラットフォーム、「一帯一路(シルクロード経済帯と海上シルクロード)」建設の推進器」という四つの位置付けにめぐって、全力でクリーン金融を発展する上で、積極的にクリーン金融と科技作業の深度融合を推進して、科技の飛躍に翼を広げている。クリーン金融サポート科技作業発展の体制機制は次々と改善していく。クリーン金融、クリーン作業発展にサポートする「1+4」組合せ政策を制定、発表した。地域財政は連続五年間に渡って毎年に10億間以上の特別資金を出してクリーン発展にサポートしている。クリーン金融サポート科技作業発展政策より激励の元、2017年に新規開業の企業が10230社あり、同期比較で56.64%が増長しており、登記資本は301.98億元で、同期比較で16.43%が増長している。クリーン金融と科技作業の集中発展に伴う効果はだんだんと形成されている。クリーン金融街に既に99社の企業が進駐し、登記資本金の合計は約65億元になっている。花都湖南部における約3000畝の花都智能電子クリーン価値革新園及び花都西部における約10平方キロメートルのクリーン作業模範園区を企画している。中国電科広州電子情報作業園プロジェクトは当地域に定住してきた。クリーン金融製品とサービス革新の力が次々に深化していく。広州銀行はクリーン金融債権を発行し、初期計画では50億元を発行する予定である。クリーン保険業務の展開を探索したり、空港投資基金と広州北駅基金を作ったり、クリーン科技発展基金を設立したりしていく。   

  当地域は更に科技金融の深度融合を促進する政策措施を研究、制定したり、科技型企業融資リスク分担機制構築、設立したり、花都区科技クレジットリスク資金池を設立したり、政策性科技担保基金と科技保険を展開したり、創業投資指導基金、天使投資指導基金設立したり、一部国内外における有名なリスク投資と創業投資機構、高级投資機構を花都に集めるように引き付けたり、企業に複数層別な資本市場を通して上場・融資にサポートしたり、クリーン企業とクリーンプロジェクト認定規範を編成したり、産業融資政策研究を加速化している。「ワンステーション式」の科技金融総合サービスプラットフォームを構築して企業融資へ便利を提供している。孵化期、初期創業期及び早中期の科技企業、科技プロジェクトの完成に創業投資を導入するか、又はクラウドファンディングプラットフォーム持株投資の企業へ手当てを与える。社会資本から科技型中小企業中長期持株への投資に激励する。情報によると、花都は科技革新三年間行動計画を起動する予定で、2020年までに地域当級財政科技経費の投入が8億元以上、社会全体研究開発経費の支出申告は60億元へ倍増するように取り組んでいる。ハイテク企業、省級ハイテク企業育成倉庫の入庫企業、市科技革新小型巨人入庫企業はぞれぞれ累計1000社、地域革新模範企業は30社以上、規模以上工業企業より設立する研究開発機構数量は158社から320社以上へ倍増、省級以上の研究開発機構は130社から260社に倍増できるように努めている。ハイテク企業に認定された規模以上の工業企業は研究開発機構の前面被覆を実現していく。一部の科技成果移転転化サービスプラットフォーム、科技と金融総合サービスプラットフォーム、作業技術連盟サービスプラットフォーム、科技人材サービスプラットフォーム等が新規に追加されている。発明特許申請数量は3200件以上に達して平均増長は15%以上になっており、ハイテク製品の生産価値は規模以上工業総生産価値比率の55%以上を占めている。