エコ金融改革革新試験区建設座談会は浙江湖州に開催し、複製や普及できる経験の探索

  

  大会現場

  今日花都情報 2017年6月14日,国務院常務会議は広東、浙江、江西、貴州、新疆など五つの省(区)にそれぞれ重きや特色のあるエコ金融改革革新試験区の建造を決定し、体制機制上で複製や普及できる経験を探索する。一年年間以来にエコ金融改革革新試験区の建設に収めた成績を総括したり、改革拠点が面する新傾向や新任務を分析したりするため、6月12日—13日にかけてエコ金融改革革新試験区の建設座談会は浙江湖州に開催され、中国人民銀行副行長の陳雨露は会議に出席し、且つ重要的なご挨拶をした。広東省金融事務所党組織書記、主任の肖学、人民銀行広州支行党委員会副書記、副行長の李思敏、広州市金融局党組織書記、局長の邱億通、花都区委書記の黄偉林、花都区委員会常委、地域政府党組織副書記の蔡建等は会議に参加し、一年以来に広東省広州市エコ金融改革革新試験区建設の状況を紹介した。市金融局邱億通局長は試験区地方政府の代表者として『浙江、広東、江西、貴州、新疆五省(地域)におけるエコ金融改革の革新試験区にエコ項目データベース建設展開の提案』を締結し、広州銀行は『浙江、広東、江西、貴州、新疆五省(地域)におけるエコ金融改革の革新試験区銀行機構は率先的に環境情報披露展開の提案』を締結した。

  人民銀行の陳雨露副行長は座談会の席上で一年間以来、各試験区は国務院より許可された全体方案と比較して、自身の実際と結合し、創造性的に各試行拠点業務を推進し、ある程度の成績を収めたと指摘した。試行拠点全体方案の中に85%以上の試行拠点タスクは既に推進を始めている。不完全統計によると、3月末まで五省の試験区におけるエコ貸付残高は既に2600億元以上に達し、試験区が許可された初期と比べると13%が増長し、同期試験区における各貸付残高増長速度の2%より高くなっている。総量拡大の同時に、エコ貸付資本制の品質は高いレベルにあり、3月末まで五省における試験区のエコ貸付不良率は0.12%で、試験区の平均不良率より0.94%低くなっている。主要な業績は以下の四つの方面に現れている。一つは規則・制度を設立し、エコ金融改革革新試行拠点を推進する体制・機制を改善する。二つは市場に依託して、絶えずにエコ金融の革新活力を激発する。三つは複数の方法を実行して、エコ金融基本施設の建設を推進し、成績が見えている。四つはリスクを管理して、試験区における改革革新業務の安定・長期性を確保する。

  広東省金融事務室の肖学主任は6月12日に開催されたエコ金融改革の革新試験区業務報告会に広東省広州市エコ金融改革の革新試験区が許可されてから広東省は広州市におけるエコ金融改革の革新試験区建設の推進を党の十九大精神と習近平総書記重要指示を全面的に推進する要点とし、『広東省広州市にエコ金融改革革新試験区建設の全体方案』の確実を徹底し、「中枢は花都、ノードは各地にあり、広州一箇所から全省へ拡大して、周辺全体にサービスの提供」という全体局面に基づき、緊密的に「エコ金融改革革新の試験田、エコ金融改革とエコ産業が協調の取れた発展の模範区、広東・香港・マカオ大湾区提携発展の新プラットフォーム、「一帯一路(シルクロード経済帯と海上シルクロード)」建設のスクリュー・プロペラ」という四つの位置決めにめぐって、全力を尽くして良好的な環境を作り上げたり、積極的に体制機制の革新を探索したりして、エコ金融で生態文明の建設に助力するように努めて、一つ新しい道路を打開していくと言われた。

  肖学の紹介によると、広東省広州市におけるエコ金融改革の革新試験区の建設に初期的な成果を収め、主に四つの方面に現れている。一つは体制機制を革新して成果を出す。エコ企業とエコ項目の認証機制を革新し、エコ企業の認定方法とエコ項目の認定方法を発布した。エコ項目生産融合結合機制を革新して、エコ企業と項目倉庫管理方法、エコ項目生産融合結合管理方法を制定し、エコ項目日常管理機制を構築する。二つはエコ金融組織体系を改善して成果が見えてくる。一部のエコ特別運営機構を確実し、工商銀行、中国銀行、建設銀行等銀行は既に花都支行をエコ分行にアップグレードするような資格を取得し、広州銀行、興業銀行、浦発銀行等は既にエコ金融事業部を設立して、建設銀行は花都区に全国に渡って始めてのエコ金融革新センターを設立した。三つはエコ産業融資を推進して収穫がある。エコ貸付の占有比率は上方推移し、2018年3月末に、広州市銀行業界のエコ貸付残高は2596億元に達して、去年6月に試験区の許可時と比べると34.7%増長し、各貸付の増長速度より20%上回っている。四つはエコモデルチェンジの発展を促進して、業績が見えてくる。花都湖南部と西部にそれぞれ面積の約3000畝であるエコ産業価値革新園と面積の約10平方キロメートルのエコ産業园区の建設を企画し、エコ金融サポートを通して大いに電子情報、新規エネルギー自動車、スマート装備及びロボット等エコ産業を発展し、高効率、省エネ、環境保護のエコ産業発展先進模範区の構築を加速化していく。

  花都区委員会常委、地域政府党組織副書記の蔡建は6月13日の交流発言に広東省広州市は花都区を核心とし、エコ金融改革の革新試験区を建設し、主な特色として、一つは炭素金融業務を革新し、広州炭素取引所の炭素割当額現物取引量は累計で成約は7000万トンを突破し、総成約額は16億元を超えて、試行拠点7箇所の機構に前列を位置している。広州炭素取引所より展開される炭素排出権抵当融資業務の次々と革新に依託して、既に企業2社は260万元を融資した。同時に、花都区における梯形面積の3万畝生態林を選択して炭素業務試行拠点を展開し、金額は約17万元になっている。二つは合力して広東・香港・マカオエコ金融核心圈を建造し、香港・マカオ地区の金融機構が花都区に分枝機構の設立又は合資証券、基金、先物と保険会社の創立を激励し、当面に大いに力を入れて中国鋁業株式有限会社、香港太平行証券等企業が花都区にエコ証券業務をメインとする合資証券会社創立活動の発起を推進しており、今現在は申告中である。香港品質保証局と提携し、エコ金融発展指数の策定を探索する。三つは積極的にエコ企業と項目融資のドッキングシステムを構築し、「広東省における中小微企業信用情報と融資ドッキングプラットフォーム」に依託してエコ項目サブプラットフォームのアクセス入口を設立し、花都区政府部門に納入された政務情報を整合し、工商、税務、環境保護、エネルギー消耗、金融等エコ金融信用情報を含めたデータベースを構築する予定で、銀行機構のためにエコ項目政務信用情報照会の展開、金融製品展示及びオンライン融資ドッキングへプラットフォームを提供する。同時に定期的に開催されるエコ金融項目生産融合結合会と結合し、オンライン・オフラインで隙間なく接続する生産融合ドッキングプラットフォームを作り上げる。四つはエコ金融街に依託してエコ金融総合サービスセンターを建造したり、政務サービス分枝センターを設立したりして、工商、税務、人社、科工信等職能部門は当番で進駐し、エコ企業へ一連なサービスを提供し、サービス品質と効率も有効的に改善できたと発言された.

  次に、広州市は確実的に習近平新時代の中国特色社会主義思想を徹底し、習近平総書記が今年、全国両会期間に広東に対して「エコ発展を促進する体制機制の形成を加速し、エコ低炭素循環経済を発展してエコ発展レベルを向上していく」という要求を提出し、エコ金融サポートエコ産業の発展を継続的に突出し、各種の改革革新業務を着実して、エコ金融とエコ産業が共同的に発展する新局面を形成してエコ金融試行拠点と応用の促進を深化し、大いに地域提携と国際交流を強化し、全国におけるエコ金融の改革革新へ「広州方式•花都経験」を提供する。