地域国税局は「扁平化サービス体系」を構築し、国家級臨空経済模範模範区の快速発展に助力していく

  本日花都新聞今年以来、地域国税局は「扁平化サービス体系」の構築に力を入れて、現代なサービス理念、行き届いたサービス指導及び多元化な措置を以て、積極的に空港経済大局にサービスを提供して、国家級臨空経済模範区の高速発展に助力している。

  

  地域国税局は企業へサービス提供の実際より出発し、広度、深度、精度という「三位一体」の納税サービス環境を作り上げて、複数部門より提携の前提で空港企業を組織して税務検討サロン、広州「一帯一路(シルクロード経済帯と海上シルクロード)」税収政策の宣伝講演、物流業界「税宣直通車」等を展開し、全面的に増値税税率改革後の確認収入、非住民企業対外外貨等問題を解釈し、空港経済区ボーイング会社の「客改貨」項目の前線進捗状況を把握している。「税務部門-市空港委員会」の常態交流機制を強化したり、最新重点外商導入程動向を把握したり、ビッグデータを選別して企業「税務関連全景長巻」を展示したり、個性化カスタマイズ指導方案を先行したりしている。

  

  当局は取扱手順の簡素化に重視し、事項毎に「空港税務取扱プロセス樹状図」を描き出して、オーバータイムサービス及び休日「当番」を提供し、政策現地品質及び「ワンウィンドウ式共通取扱」品質を保障している。「定点連絡員」を設立したり、「点対点連絡」、「情報即時通」、「集中反応」、「体に合わせて服の裁断」というサービスを提供したり、年度所得税確定申告の順調完成、税収優遇の確実を全力で確保したりしている。しかも、主動的に空港企業の訪問調査研究に進入し、ハイテク企業所得税の減免、科技型中小企業研究開発費の加算控除等産業革新「税務大礼包」を提供し、心を込めて企業へサービスを提供している。

  

  

  地域国税局は最新な税務取扱設備を積極的に投入して、実体税務取扱に快速化、知能化、安全化の実現を確保している。当面、花東税務取扱庁及び空港税務取扱庁は既に自助税務取扱終端、ARM機、外部ネットワークタッチパネル検索システム、領収書領収の電子受領書棚、ウィルス対策「渡航機」等を配置してあり、一層に税務取扱効率と品質を最適化していく。勤務の中に、当局は白雲国際広場がT1、T2という二つの航空楼を持つという客観要求及び富力金港城、金田工業区における外国経営者の数量が大きい実際需要を考慮して、既に多言語翻訳機を購入、使用に投入し、対応した納税指導者も第一時間に配属し、納税者のためにより優れた、行き届いたサービスの提供に取り組んでいる。