清塘駅の起動に伴って、九号線全線は開通

  本日花都新聞 6月30日、市民より長く期待されていた九号線清塘駅はやっと起動し始めた!ここまで、九号線は全線開通している。

  九号線は去年12月28日に開通してから既に半年が経過して、幅広い花都市民の出掛けをより便利、快速させている。地下鉄はただ出掛け方式を変えるだけではなく、また花都人の伝統的な生活方式も転覆している。但し、当時に清塘駅がまだ機電施工中にあるため、「駅」を飛ばすしかなく、その他駅と同期開通できていなくて、少なくない人々の心中の遺憾になっている。

  広州地下鉄9号線は最初に十の駅を設計していたが、2015年6月に、空港核心区の発展にサポートするため、広州市政府常務会議は清布と高增区の間に清塘駅の増設を決定し、全線と同期に建設し、事前に遠期開通を保留し、全線の駅は11か所までに追加されている。

  清塘駅とは地下鉄九号線に新規追加な駅であり、最も遅く着工し始めていたが、施工進捗が进度が最も早い駅で、一年間あまりの時間だけで主体構造施工を完成していた。但し、清塘駅が新規追加な駅であるため、施工進捗が速くになっていても、線路全体と同時開通に間に合っていなかった。広州地下鉄会社は九号線の時間通りに開通を保証するため、出来るだけ市民の出掛けに便利を提供する前提で、やむを得ず「駅」を飛ばす特別措置を採用した。九号線に上下運行している列車の安全を保証するため、地下鉄会社と施工先は一切な安全措置を採用した。

  情報によると、清塘駅に四つの出入口を設置してあり、この内に、A口に合和新城団地、B口に空港物流園、C口付近に广塘村、D口に花都クラウンプラザホテル、嘉都匯団地がある。駅の周辺はホテル業をメインとし、クラウンプラザホテル、華鉅君悦ホテル等が集めている。駅の北側と東南側に同時に京士広場、広州国際空港センター等商業体を開発しており、周辺は開発中の常態にある。サービス方面に清塘駅の四つの出入口にも二方向エスカレーターと階段を設置してあり、B口に専用エレベーターと坂道を設置してあり、乘客の出掛けに便利を提供している。

  同時に清塘駅は去年9号線開通時の優良サービス施設を採用して、サービスは全面的にアップグレードされている。例えば乘客は広州地下鉄の公式サイトapp、乗車QRコード、ApplePay、金融ICカード、クラウドカード及び地下鉄乗車コード等多種な非現金支払方式で乗車券を購入して駅に入ることができる。同時に駅にトイレを設置してあり、同時に自動追徴機を増設しながら広通路自動改札口も増設して、大物荷物、ベビーカーなどを携帯する乗客の駅進入効率を向上している。また共有傘も導入している。

  清塘駅は九号線一期に高增駅と離れて最も近い駅であり、高增駅は九号線において花都区から白雲区に入る「扉」であり、清塘駅とは花都と白雲区を繋ぐ「敷居」とも言える。未来に清塘駅周辺により多くの活力を与え、その周辺の発展を促進していくと信じている。

  広州地下鉄より発布された運営時刻表に基づき、清塘駅は当日の始発より運営サービスに投入し始めて、清塘駅から高增方向への始末発車時間はそれぞれ6:22、22:52、清塘駅から飛鵝嶺方向への始末発車時間はそれぞれ6:09、23:18である。